NDAM | 次世代ブロックチェーンプラットフォーム NeoAdamプロジェクト

ADMからNDAMへ

進化したプラットホーム
Neo Adam

Neo Adamプロジェクトに参加する

NeoAdamプロジェクト(NDAM)の3つの特徴

取引所トークンへ

提携会社が取引所の開設を進めています。そして、そこでの取引所トークンがNADMになります。それにより、所持しているだけで手数料の所定益を得ることが可能になります。また、コイン自体の信頼を固めさらなる発展への土台を築くことになります

管理画面を公開

NADM(ネオアダム)プロジェクトでは、ホルダーの方マイページを作成していただきます。そして、そこでプロジェクトの進捗をホルダーの方が把握できるようにすることで、プロジェクトの進捗をガラス張りにします。

参加権利の付与

NADMを所持していることで、基幹ビジネスへの参加窓口が開かれます。今までハードルの高かった基幹ビジネスへの参加権利が付与されますので、より大きな利益の循環を発生させていくことが可能です。

Neo Adamプロジェクトの構想

仮想通貨取引所のトークン化

ADMからNDAMへ進化した最大の理由が仮想通貨取引所のトークン化です。NeoAdamプロジェクトでは、プロジェクトだけの価値向上だけではなく、コイン自体の価値を上げていく戦略を実行していきます。

マイニングファーム

マイニングファームの運営において、最大のポイントは電気料金をいかに抑えていくか?とうものがあります。また、どれだけ性能の高いマイニングマシンを仕入れることができるか?ということも重要です。当プロジェクトでは、優秀なマイニングファーム構築のプロフェッショナルと手を組み、カントリーリクスや電気料金、気候等様々な要因を踏まえた上でマイニングファームを設置していきます。

M&A事業

Neo Adamプロジェクトの前進になるADAMプロジェクトの中心メンバーは、M&Aのプロフェッショナル集団で、数々の驚くべき実績を上げてきました。このプラットホームに参加することによりM&A事業の参加権利を得ることができ、事業利益が分配されていきます。

Project Member

平井政弘

株式会社シンボリックシティー代表取締役
株式会社アヴァンスグループ代表取締役

鈴木 昭

国土交通省 外郭団体一般財団医療情報推進機構 代表理事
現在多くの企業執行委員や公益財団の理事などを兼任、ICTや先端技術に関するサイエンスライターも務める。科学的専門分野をわかりやすく解説するセミナーは好評を得ている。

芝山 斌

CHINA PAYMENT GATEWAY Inc. 代表取締役
We Chat Payment 決済代行サービス、インバウンドを主軸に事業を展開。環境の変化に柔軟かつスピーディに対応し、グローバル企業としての競争力を強化、継続的に企業価値を向上させていくことを経営の最重要課題として活動。

よくある質問

Q1.発行枚数は何枚でしょうか?
Answer >>

発行枚数は10,000,000,000枚となっております。

Q2.NADMtokencoinの受け取り方法を教えてください。
Answer >>

既に専用のマイページ(ウォレット)が御座いますので、作成頂き付与させて頂きます。

Q3.上場時期はいつ頃ですか?
Answer >>

2019年3月末を予定しております。時期に関しては前後することも十分考えられますのでご了承ください。

Q4.決済方法はどのような方法が御座いますか?
Answer >>

bitcoin・ethereum その他の購入方法に付いてはお問い合わせください。

Q5.発行元の企業はどこの企業になりますでしょうか?
Answer >>

発行元はマレーシア法人のADMML Co., Ltd.になります。

Q6.ベースとなる通貨は何でしょうか?
Answer >>

NADMcoinはethereumベースの仮想通貨です。